【インドを解く】インドの人身取引の現状=米報告書

第568回  米国務省は25日、ポンペオ国務長官およびイバンカ・トランプ大統領補佐官など出席の下で「世界の人身取引年次報告書2020年版」を発表した。同報告書はTIP報告書とも呼ばれ、2001年以来、毎年同省が世界のほぼ全ての国を対象に強制労働や売春を目的とした人身売買につ…

関連国・地域: インド
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

封鎖と支援、苦渋のコロナ対策 回復には経済再開=識者に聞く(08/14)

商用車アショク、1Qは39億ルピーの赤字(08/14)

港湾アダニ、シンガポール新会社を設立(08/14)

エアインディア、欧州の就航先を半減へ(08/14)

米産業ガス大手、石炭ガス化で百億ドル投資も(08/14)

ペトロネット、一部契約に不可抗力条項発動(08/14)

鉄鋼JSW、米国工場への設備投資を縮小(08/14)

ウルトラテック、150億ルピーの投資を計画(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン