• 印刷する

食品の海上運賃4割下げ、運輸省が省令

フィリピン運輸省は、国内の海運業者に対して食品の輸送料金を40%引き下げることを義務付ける。手頃な価格の食品を安定的に流通させる狙い。

トゥガデ運輸相が出した省令によると、海運業者は運賃引き下げのほか、運用する各貨物船の輸送能力のうち最低12%を農産物や食料品に割り当てることが求められる。

同相はまた、海上運賃や海運業界の慣例などに関する苦情を受け付ける荷主保護局を創設するほか、海運会社が荷主に課す滞船料が発生するまでの最短日数を5日から8日に延長する省令も出した。

これらの方策について、ロペス貿易産業相は「輸送コストの高さは最終的に商品の価格に反映され、消費者の負担になる」と述べ、支持を表明している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料農林・水産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:観光客がいなくなって困…(06/24)

20年の原油輸入46%減 下げ幅は過去最大、コロナ打撃(06/24)

新型コロナ、新たに4353人感染(06/24)

セブとダバオ、感染対策に苦心(06/24)

フィリピン航空、29日に民事再生法申請か(06/24)

アボイティスのバクン水力発電、停止命令(06/24)

天然ガスの供給制限再開、発電所に影響(06/24)

PLDTがリパ市と提携、ネット環境整備(06/24)

エドサ通りの交差点、閉鎖解除を検討(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン