• 印刷する

テイクオフ:世の中はいつの間にか平…

世の中はいつの間にか平常に戻りつつあるようだ。新型コロナウイルス感染症予防の「大規模な社会的制限(PSBB)」に伴う規制が先週、さらに緩和されると、商業施設を訪れる市民が急増。つい先ごろは日中、子どもたちがたこ揚げをするほどガラガラだった駐車場は、自家用車であふれていた。

近所の商業施設は、入店時のマスク着用が必須。入店前には検温もあるが、対応する警備員は一人だけで、流れ作業感は否めない。体温計もいいかげんで、先日は34度を記録。見逃しているケースがあるに違いない。

タクシーも暇そうに客待ちすることが少なくなった。世界最悪と言われる渋滞まではまだ余裕があるものの、交通の流れが「詰まる」ことも多くなった。そのためか、メーターの数字もかつての水準に戻りつつある。願わくば在宅で増えた体重も以前の数値に戻りますよう。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スカイエナジーが新工場 太陽光パネル、年産能力7倍に(10/02)

製造147社から操業継続許可を剥奪=産業省(10/02)

首都政府、無症状者の自宅隔離を一転容認(10/02)

1人当たり純金融資産は世界35位、19年調査(10/02)

8月のバイク販売台数、47%減の32万台(10/02)

9月CPI上昇率1.42%、食材がけん引(10/02)

パティンバン港運営、入札の事前審査始まる(10/02)

MRT延伸工事、工事請負業者の入札難航(10/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン