• 印刷する

国内人材の3K雇用に2700リンギ必要、労組

マレーシア最大の労働組合、マレーシア労働組合会議(MTUC)は、都市部で外国人労働者が担う「3K(危険、汚い、きつい=当地では3D)」といわれる業種の雇用を、マレーシア人労働者に置き換えるには月額2,700リンギ(約6万7,000円)の賃金保障が必要だと主張している。国内の主要56都市の最低賃金(月額1,200リンギ)の2倍以上だ。ニュースサイト、フリー・マレーシア・トゥデイが28日伝えた。

人的資源省は外国人労働者の受け入れを年末まで凍結すると表明しており、雇用主は国内労働者への置き換えを迫られている。

MTUCのJソロモン書記長は、「首都クアラルンプールやペナン、ジョホール州ジョホールバルといった大都市で生活するには、可処分所得が月額2,000リンギを下回ることはできない。そのため、額面給与は2,700リンギ以上が必要だ」と説明。外国人労働者を国内雇用に置き換えるには、非正規雇用ではなくフルタイム勤務とし、従業員積立基金(EPF)や社会保障機構(SOCSO)への加入、健康保険、宿舎の提供などの福利厚生も整備すべきだと提言した。

地元労働者は3Kの職場を敬遠するとされるが、ソロモン氏は「何千人ものマレーシア人が、シンガポール、オーストラリア、韓国などで3K業種に就いている」と指摘。国内ではこれまで、低賃金、劣悪な労働条件、労働政策を理由に地元労働者がこうした仕事に就かなかったとの認識を示し、「給与や労働条件が改善されれば、外国人労働者が担っている仕事を地元労働者に置き換えても問題はない」と述べた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

10月から給与補助金第2弾 景気刺激策に100億リンギ追加(09/25)

マハティール氏、現首相の進退問う声明(09/25)

RM1=25.3円、$1=4.17RM(24日)(09/25)

労働者宿舎、基準引き上げ後に750件申請(09/25)

今年の新車販売、予測は46万~55万台(09/25)

中古車の需要拡大、コロナ感染リスク回避で(09/25)

中国の物流2社、越境EC配送で提携(09/25)

網家、東南ア向けの越境ECサービス開始(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン