統一企業、物流拠点新設に100億元投資

台湾食品大手の統一企業(ユニプレジデント)の羅智先董事長はこのほど、台湾北部、中部、南部にそれぞれ物流拠点を新設すると明らかにした。物流機能を集約し、業務の効率化を図る狙い。投資額は少なくとも100億台湾元(約362億4,000万円)に上ると試算した。経済日報などが伝えた…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 食品・飲料運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

聚鼎、ヘンケルの米金属基板事業を買収(13:29)

テイクオフ:台湾政府が新型コロナウ…(07/09)

旅行業界1.4万人が失職か 「倒産の波到来」に懸念も(07/09)

受動部品2社、6月売上高が1年半ぶり高値(07/09)

福特六和が受注好調、生産能力再度引き上げ(07/09)

台プラが1%賃上げ、下期業績は回復へ(07/09)

石化2社がガソリン輸出削減か、需要低迷で(07/09)

大容量海底ケーブルSJC2、21年完成へ(07/09)

中油が500億元でタンク建設、鉄鋼各社に恩恵(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン