長栄海運董事長、3Qの運営を楽観

台湾海運大手、長栄海運(エバーグリーン・マリン)の張正ヨウ董事長(ヨウ=金へんに庸)はこのほど、足元の海運市況が回復基調にあるとして、第3四半期(7~9月)の貨物輸送量を楽観した。利益獲得についても「何ら問題はない」と強調した。経済日報が伝えた。 張董事長は、…

関連国・地域: 中国台湾日本米国欧州
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「日本のどこ出身ですか…(05/13)

メードイン台湾堅持、副首相 半導体をつくる島の未来(3)(05/13)

TSMC2ナノ用地は既に確保、沈副院長(05/13)

市中感染82人増、日韓含むメーカーも(05/13)

新型コロナ、域内感染は最多の16人(05/13)

指揮中心、防疫強化に向け6大措置(05/13)

コロナ警戒レベルの引き上げ見送り、政府(05/13)

蔡総統、コロナ拡大で「最大の警戒」促す(05/13)

イベント延期に旅行キャンセル、コロナで(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン