丸亀製麺が収益多角化を促進 EC販売や小型店も、コロナ受け

うどんチェーン店「丸亀製麺」が、インドネシアで収益多角化を進めている。新型コロナウイルスの感染拡大による飲食店市場の先行き不透明感を受け、宅配需要への対応を拡充したほか、電子商取引(EC)での食品販売や、価格帯を抑えた小型店舗の立ち上げなどに踏み切る。既存店舗…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: サービス


その他記事

すべての文頭を開く

OVO、来年は投資・保険会社との協業促進(19:52)

労組連、野党に雇用創出法の立法審査を要求(19:54)

コロナ禍の失業1300万人も 通貨危機・リーマン後超える影響(10/23)

バンテン州全域の行動制限、1カ月延長(10/23)

観光業に240億円支援、ホテル飲食店(10/23)

ニコン、カメラ事業を代理店のみに切替(10/23)

石炭アダロ、下流事業で内外企業と合弁も(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン