• 印刷する

テイクオフ:新型コロナの流行でステ…

新型コロナの流行でステイホーム生活になっても、インドネシア人の独創性がとどまることはない。料理の分野もその一つ。若い女性や母親の中には、自宅にこもるようになってから自炊の腕を磨く人が増え、その様子をSNS上に投稿するのが一つのトレンドになっている。

食欲をそそるような料理から甘いお菓子まで、毎日いろいろなメニューに挑戦して投稿していくうちに、フォロワーが増えて有名人になった人も登場した。中には紹介した料理が口コミで評判になり、そのまま料理の販売をビジネスにした女性もいる。プロの料理人ほどの大きな利益ではないが、それでも生活に困らないだけの収入になっているという。

最初は自炊したことがない人が料理を覚え、腕を上げ、いつしか起業して収入を得るようになる。行動が制限されても創作意欲は無限大だと実感する。(ア)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

有料化で消費3分の1に減少 首都、7月からレジ袋禁止(下)(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

新規感染者数2657人、西ジャワでクラスター(07/10)

ダイハツ、1~6月の小売台数5.3万台(07/10)

現代トランシス、マレーシア系企業と合弁(07/10)

労相、中国人労働者500人の入国で国会説明(07/10)

ライオンエア元従業員、解雇補償求めデモへ(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン