• 印刷する

米スナップチャット、年内に拠点開設へ

画像・動画共有アプリ「スナップチャット」を運営する米スナップは、年内にもシンガポール拠点を開設する。成長が見込める東南アジア事業を拡大する戦略の一環だ。

新型コロナウイルス感染拡大の状況を見守りながら、ある程度収束したと判断した時点で事業所を開設する。

拠点開設に併せてスナップは、楽天グループの無料通話・メッセージアプリ「バイバー」で7年間にわたってアジア太平洋部門の代表を務めたアヌハブ・ナイヤール氏を採用した。シンガポール拠点で国際マーケティング部門を任せるという。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

欧州の生命科学系VC、アジア拠点を開設(07/04)

国内外4社、炭素利用・貯留システムで提携(11:41)

新規感染185人、計4万4664人(4日)(17:05)

サプライチェーンの多国間協力、中国も参加(16:30)

5月の外国人入国者、99.9%減の880人(16:07)

5月の小売売上高、営業禁止で下げ幅最大(16:06)

外国人雇用で意見対立、与野党が選挙討論(15:28)

新規感染169人、計4万4479人(3日)(11:41)

グラブ、独禁法違反で300億ルピアの制裁金(07/03)

阪急阪神不、ハイフォンの物流倉庫に出資(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン