太陽光発電設備、8月から関税導入

インド政府は、太陽光発電設備の輸入に8月から基本関税(BCD)を課す方針だ。 新・再生可能エネルギー省が23日に発表した。関税の導入は、電力関連設備の国内生産を推進し、輸入依存度を低減するための取り組みの一環。ただ、国内生産が必要な理由の1つとして、安全保障を挙…

関連国・地域: インド
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地ではいま、8割の州…(05/12)

電動車事業に100億ルピー投資 地場オメガ、貨物車のテスラに(上)(05/12)

パナが国内テレビ生産終了、海外に集約(05/12)

いすゞ、「D―MAX」の新モデル発売(05/12)

インド型変異株、国内初の感染確認(05/12)

伊ピアジオ、輸出注力で工場の稼働維持(05/12)

ダイキン11年ぶり減収、業務用エアコン落ち込む(05/12)

車販売のEV比率は当面1%未満=現代幹部(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン