• 印刷する

OCBC銀、遠隔診療アプリの提供開始

シンガポールの金融大手OCBCグループは、自社アプリを通じて、100人以上の一般開業医(GP)と専門家による遠隔診療サービスを提供する。病院など7団体と提携して実施。OCBC銀行の顧客以外も利用できるようにする。

ヘルスケアアプリの「ヘルスパス(HealthPass)」を通じ、18歳以上の全てのシンガポール人・永住権(PR)保持者向けにサービスを提供する。提携するのは、シンガポールメディカルグループ、トムソンメディカル、フェイスメディカルグループなど7団体だ。

各団体が、アプリを使って診察の予約や管理を実施するほか、ビデオ通話で診察を行えるようにした。処方薬は患者の自宅に配達する。通院する必要がある患者に対しては、アプリで通院する日を予約できるようにした。

通常の営業時間内の診察の利用料は、一律20Sドル(約1,500円)。婦人科、小児科、皮膚科など21分野の専門医63人の診察のみ、最初の遠隔診療時か、病院での診察時に一律100Sドルを支払ってもらう仕組みだ。薬の処方料は、別途請求する。

患者が自分のデジタル診断書や請求書、検査結果を確認する機能も付けた。プライバシー保護のため、患者自身と医師のみ情報にアクセスできるようにしている。

OCBC銀行のデジタル・イノベーション責任者のプラナイ・セス氏は「新型コロナウイルス感染症はいずれは過ぎ去るが、コミュニティーへの影響は長く続く。遠隔治療はシンガポールの医療ニーズに大きく役立つだろう」と述べた。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中華系シンガポール人の…(08/13)

小売店舗賃料さらに下落へ 繁華街は最大2割、閉店増で(08/13)

【アジア・ユニークビジネス列伝】「コロナで爪切り大ヒット」 「変わり種のマイクロ保険」(08/13)

建設工事の規制緩和、労働者の作業再開で(08/13)

屋台街・生鮮市場の3割、電子決済導入(08/13)

新規生命保険料収入、1~6月期は13%減(08/13)

入国規制の緩和政策、国から地域に対象限定(08/13)

投資テマセク、独バイエルと野菜工場で合弁(08/13)

製油業界に復調の兆し、7月は3社フル操業(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン