5月パソコン出荷21%減、買い替え需要の反動

【共同】電子情報技術産業協会(JEITA)が22日発表した5月のパソコンの国内出荷台数は、前年同月比21.7%減の54万台となり、2カ月ぶりに減少した。基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」が1月にサポートを終了したことに伴う買い替え需要の反動減が出た。 出荷の内訳は、…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

帰国邦人専用PCR施設、グルガオンに設置(05/13)

膨らむ日本企業の商機 半導体をつくる島の未来(4)(05/14)

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…(05/14)

シンガポール航空、成田経由LA線を再開(05/14)

【アジア三面記事】学友3人救った青年(05/14)

森永乳業、ベトナムの同業エロヴィ買収(05/14)

JOGMEC、比の石油備蓄構築へ調査(05/14)

最低賃金上昇率、アジア18カ国で韓国が最大(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン