• 印刷する

アヤラ系電力の豪企業買収、現地当局が承認

フィリピンの大手財閥アヤラ・コーポレーション傘下の電力会社ACエナジーは22日、合弁会社UACエナジーがオーストラリアの風力発電会社インフィジェン・エナジーを買収する計画が、同国の外国投資審査委員会(FIRB)から承認されたと発表した。

FIRBの承認により、UACエナジーはインフィジェンの株主に対し、株式公開買い付け(TOB)を実施できる状況になった。TOBではインフィジェンの株式を1株当たり0.8豪ドル(約59円)で買い付ける。全株を取得した場合の取引額は7億7,700万豪ドルに上る。

UACエナジーは3日、インフィジェンに12.82%出資したと発表し、TOBで残る株式を取得する意向を表明していた。これまでに持ち株比率を13.4%に引き上げている。

一方、マニラタイムズによると、インフィジェンの取締役会はUACエナジーによる買収に抵抗しており、スペイン電力大手イベルドローラ系の再生可能エネルギー発電会社イベルドローラ・リニューアブルズ・オーストラリアによる買収で合意した。買収額は1株当たり0.86豪ドル、総額8億4,100万豪ドルと、UACエナジーの提示額を上回る。

UACエナジーには、ACエナジーが75%、ACエナジーとUPCリニューアブルズ・グループの合弁会社UPCリニューアブルズ・オーストラリアが25%をそれぞれ出資する。


関連国・地域: フィリピンオーストラリア欧州
関連業種: 金融電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

災害事態宣言を1年延長、大統領(09/18)

コロナ感染新たに3257人、計27万9526人(09/18)

経営者の5割、事業「深刻」 コロナ影響、売上高減に=PwC(09/18)

公共交通の社会的距離縮小、一時停止(09/18)

コロナ感染新たに3375人、計27万6289人(09/18)

輸入車販売、1~8月は49%減(09/18)

住友電装、ワイヤハーネス工場を新設(09/18)

三菱電機、FA製品サービス拠点を開設(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン