• 印刷する

中国企業が駐在員に注意勧告、印中衝突で

インド北部にある中国との係争地で印中両軍による衝突が発生したことを受け、中国の主要スマートフォンメーカー3社がインド国内の中国人駐在員とその家族に対して、公共の場への外出時に細心の注意を払うよう勧告した。エコノミック・タイムズ(電子版)が17日伝えた。

両国間の緊張が高まっていることを背景に、一部の中国企業は駐在員の在宅勤務を認めたほか、駐在員によるメディア出演やSNSへの投稿など目立つ行為を避けるよう求めている。また、インド携帯電話・電子機器協会(ICEA)も、中国系会員企業の駐在員は外出を控えるよう呼び掛けた。

ただ、新型コロナウイルスの感染拡大による出入国制限の影響から、現在インドに駐在する中国企業の幹部は少ない。米中系家電製造・販売会社キャリア・ミデア・インディアでは役員クラスでインドに駐在中の社員は1人だけという。同社は、空調管理システムの米UTCクライメット・コントロール&セキュリティーと中国の家電大手ミデア(美的集団)の合弁会社。


関連国・地域: 中国インド米国
関連業種: 電機IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日用品需要、農村部で回復 コロナ影響少ない地域ほど上向き(08/07)

マルチスズキ、昨年度に整備拠点250カ所追加(08/07)

日本電気硝子、医薬用管ガラスの生産増強(08/07)

車の購買意欲はコロナ前と同水準=グーグル(08/07)

配車ウーバー、エンジニア140人の雇用計画(08/07)

香港企業、南部の物流用地33億ルピーで取得(08/07)

政策金利4.0%に据え置き、3会合ぶり(08/07)

自動車5社コロナで赤字、トヨタ・スズキは黒字(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン