• 印刷する

《安全》北京の新型コロナ、57日ぶり新規感染者

北京市で11日、新型コロナウイルス感染症(COVID19)の新規感染者が4月15日以来57日ぶりに確認された。同市西城区に住む52歳の男性で、直近2週間に北京市外へ移動したり、海外からの入境者と接触したりといったことはないとしている。北京日報(電子版)が伝えた。

11日午後に開かれた新型コロナに関する定例会見で明らかになった。

男性は10日午後に発熱の症状が止まないことから、発熱外来に行った。せきやのどの痛みなどの症状はなかったが、PCR検査を受けた結果、陽性が確認された。ほか濃厚接触者となる家族2人も医学観察を受けている。

男性の居住する小区(集合住宅)の住民にPCR検査を実施するほか、小区の出入りの際に検温を義務付ける閉鎖式管理を取る。また、西城区月壇街道の全ての小区、オフィスビル、公共施設でも出入りの管理措置を強化し、オフィスの出社人数も調整するよう求めた。

北京市疾病予防控制センターのホウ星火副主任(ホウ=まだれに龍)は、「今回の新規感染者の発覚は、われわれに再度、警鐘を鳴らした。コロナのリスクはいつでも存在する」と述べ、防疫体制の常態化を維持するよう呼び掛けた。

北京市は6日に、新型コロナの流行に対する緊急対応体制を「2級」から「3級」に引き下げたばかりだった。緊急対応体制は11日午後の会見時点で「3級」のままとなっている。


関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

地場デジタル銀、テンセント子会社と提携(07/10)

工作機械輸出、6月は34%減 主力が不振、見通しを下方修正(07/10)

広州日本商工会がチャーター便 成田―広州、160人がきょう到着(07/10)

メーカー経営者もライブ通販、コロナ後急増(07/10)

豪日首脳が会談、防衛連携強化 中国を警戒、宇宙関連での協力も(07/10)

中国のタイヤ大手山東リンロン、生産増強(07/10)

6月CPIは2.5%上昇、食品上がる(07/10)

国営鉄鋼所の再稼働、タイなど5社が名乗り(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン