• 印刷する

大規模AIデータセンター、光州に構築へ

韓国南西部の光州市は10日、980億ウォン(約88億円)を投じて、韓国初となる画像処理半導体(GPU)基盤の人工知能(AI)データセンターを造成すると発表した。市内の研究開発特区「先端3地区・AI産業融合集積団地」内に年内に着工して、2022年下半期の稼働を目指す。

同データセンターのAIコンピューターは、従来の中央演算装置(CPU)基盤のスーパーコンピューターより演算性能と保存容量で優れているという。演算能力は88ペタフロップス(1ペタフロップスは1秒間に1,000兆回の浮動小数点演算を実行できる性能)で、世界10位水準となるもよう。

光州市はAI産業融合集積団地に入居する企業にデータセンターの情報を提供する計画。年内に自動車やバイオなど50社と協約を交わし、医療やヘルスケア、自動車などのビジネスモデルを発掘してAI基盤の雇用創出や地域経済活性化にも乗り出す方針だ。

AIデータセンターが構築されるAI産業融合集積団地の完成予想図(光州市提供)

AIデータセンターが構築されるAI産業融合集積団地の完成予想図(光州市提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

ソウル市長が遺体で発見、自殺か(07/10)

新型コロナ感染者、45人増の1万3338人(07/10)

韓国・カンボジア、FTA交渉開始(07/10)

韓国が部品素材の国産化加速 供給網再編、388品目の育成支援(07/10)

新型コロナ感染者、50人増の1万3293人(07/10)

韓国のNH農協銀、ヤンゴンに駐在員事務所(07/10)

セルトリオンの治療薬、変種コロナにも有効(07/10)

韓国の輸出管理体制に懸念、日本が反論(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン