• 印刷する

テイクオフ:あるシンガポール人男性…

あるシンガポール人男性が、妻に「お金」でできた花束を結婚記念日に贈ったそうだ。地元メディアによると、総額1,000Sドル(約8万円)分だという。画像を確認すると、確かに一輪ずつが全てお札でできている。

当地の紙幣はオレンジ色、水色、緑色と鮮やかな配色となっているため、写真を遠目でみると本物のカラフルな花束のようだ。これが日本円だったら、ここまで華やかな見た目にならないだろう。ただ自身はシンガポール在住にもかかわらず、当地のお札を見たのは数カ月ぶりになる。新型コロナウイルス感染症が流行する中、不特定多数の人が触れる現金をやりとりするのは敬遠されており、自らも常にカードで支払うようになったためだ。

アフターコロナ時代の変化についてはさまざまな議論があるが、今回を機にキャッシュレス決済の導入も加速するのかもしれない。(真)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染61人、約4カ月ぶり低水準(11日)(17:42)

法律事務所、コロナ禍で人件費削減(17:01)

今年の経済成長率予測、上限を下方修正(12:03)

テイクオフ:9日の建国記念日に行わ…(08/11)

三菱UFJ銀、新興企業向け融資で新会社(08/11)

北部3州で感染ゼロから拡大 1人から45人、今後も増加か(08/11)

OCBC銀行、1~6月期決算は42%減益(08/11)

金融機関の配当金引き下げ、当局が要請(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン