【CPTPP攻防】特許延長で後発薬発売遅れも 妥協点の模索必至、周辺国も影響

タイで起きている環太平洋連携協定(CPTPP、TPP11)への加盟反対運動で、農業と並んで懸案事項となっているのが医薬品へのアクセスだ。CPTPPの医薬品特許の延長規定などにより、ジェネリック医薬品(後発薬)の発売が従来より遅れる可能性が高いと指摘されている。タ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:盆休みを迎えた日本では…(08/11)

電動旅客船が相次ぎ就航へ 地場が開発、自製の蓄電池を搭載(08/11)

メコン地域の物流調査、貨物への影響軽微(08/11)

イースタンパワー、越の風力発電2件を買収(08/11)

パワーライン、内務省の新庁舎建設を落札(08/11)

財務局、年内に東部の高齢者住宅販売開始へ(08/11)

マツダ販社プラナコン、首都北部に3店目(08/11)

財閥CP、香港のオークションサイト買収(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン