• 印刷する

駐在員の生活費、ヤンゴンやマニラで上昇

東南アジアの外国人駐在員の生活費が、ミャンマー・ヤンゴンやフィリピン・マニラを中心に上昇している。米コンサルティング大手マーサーが9日発表した2020年版「世界生計費調査」で明らかになった。

マーサーは世界400都市以上を対象に、住宅、交通、食品、衣料、家庭用品、娯楽など200品目以上の価格を調査。うち上位209都市について、米ニューヨークを100として指数を算出し比較した。

東南アジアの都市は、昨年は全般的に上昇傾向にあったが、今年は上昇と下落に分かれた。ヤンゴンは前年から34ランク上昇の83位に浮上。マニラは29ランク上昇の80位だった。

一方、シンガポールは2ランク下落して5位。ベトナム・ハノイも4ランク下落の116位となった。

世界1位は前年と変わらず香港。東京は3位に後退し、トルクメニスタンの首都アシガバートが2位に浮上。4位はスイス・チューリヒだった。

マーサーのキャリア部門プレジデント兼戦略リーダーのイリャ・ボニック氏は「新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により、企業は海外に派遣する人材の配置について見直しを迫られている。生活コストのほか、海外赴任者が必ずしも前向きな気持ちではない場合があることも念頭に入れる必要がある」と述べた。


関連国・地域: ベトナムミャンマーシンガポールフィリピンASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

通信IPS、現法に2億円増資(07/10)

長瀬産業、東南アジア初の食品素材ラボ開設(07/10)

地場デジタル銀、テンセント子会社と提携(07/10)

車両購入権の入札再開、予想より上昇小幅(07/10)

新規感染170人、計4万5783人(11日)(17:33)

新規感染191人、計4万5613人(10日)(11:48)

総選挙、与党勝利も野党が議席上積み(11:38)

新規感染125人、計4万5422人(9日)(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン