コロナ打撃で地場3割が閉鎖 解雇率16%、厳しい業況明白に

新型コロナウイルスの感染拡大による、ミャンマー企業の経営状況の悪化が深刻だ。非政府組織(NGO)の緊急調査では、市場の縮小やリスク回避のため事業を停止した企業が約3割に達した。8割以上が資金繰りに苦しみ、従業員の解雇率は平均16%に上る。低利融資など政府の救済策…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新たに1人感染確認、累計331人=13日朝(14:34)

5月の対日輸出は4割減少 衣類が不振、コロナの影響顕在化(07/13)

空路封鎖、10月以降の解除見通し=副大統領(07/13)

帰国者9人が感染確認、累計330人=12日朝(07/13)

家庭用電気料金の一部無料化、15日まで継続(07/13)

ホテル業界、全国で6割再開も経営は困難(07/13)

ムセ通関手続きに8日、中国に円滑化を要請(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン