マルチスズキ、グルガオン工場で太陽光発電

インドの自動車最大手マルチ・スズキは5日、北部ハリヤナ州グルガオンの工場に設置した太陽光発電設備を稼働したと発表した。環境に配慮した技術の導入と二酸化炭素(CO2)の排出量削減に向けた取り組みの一環。2億ルピー(約2億9,000万円)超を投じて出力5,000キロワット(…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【アジアインタビュー】日立、中国の昇降機事業を深化 保全サービス注力、工場を一層活用(17:51)

インド・米国、ラオスに医療機器など供与(08/13)

テイクオフ:新型コロナのパンデミッ…(08/13)

【アジア・ユニークビジネス列伝】「コロナで爪切り大ヒット」 「変わり種のマイクロ保険」(08/13)

東芝、家電事業を再始動 21年に新工場で生産開始予定(08/13)

7月乗用車販売は3.9%減、減少幅は縮小(08/13)

7月の二輪販売、15%減の128万台(08/13)

ヘルメット大手、20億ルピーで2工場稼働(08/13)

日本工営、バングラで鉄道整備事業を受注(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン