偽装解雇には助成金剥奪などの処分=人材相

シンガポールのジョセフィン・テオ人材開発相は4日、会社理由で解雇するにもかかわらず、自主退職を装う「偽装解雇」を行った企業に対し、政府による賃金助成の停止や就労ビザ申請権の剥奪などの処分を科す方針を明らかにした。新型コロナウイルス感染症の影響で解雇された際に、…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(07/08)

コロナ禍で雇用政策が争点 20年総選挙、有権者の選択(上)(07/08)

職場感染が増加基調、経済活動の制限解除で(07/08)

新形態の投資ファンド、半年で78社設立(07/08)

香港金融AMTD、フィンテック企業を買収(07/08)

PHCHD、ライフサイエンス企業を子会社化(07/08)

シンガポールとの往来再開、8月頭にも合意(07/08)

NTTデータ、NZ企業と研究拠点設置(07/08)

新規感染157人、計4万5千人超(7日)(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン