冬到来の豪、湿度低下でコロナ感染リスク増

冬に突入したオーストラリアでは、今後3カ月で新型コロナウイルス感染症が拡大する可能性があるようだ。シドニー大学の疫学者、ワード教授が主導した南半球における気候と新型コロナの関係性についての研究によると、湿度が1%低下すると新型コロナの感染率が6%増加することが…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

シドニー7自治体から移動禁止 屋外イベントにもマスク義務(06/24)

SAとWA、NSWからの入境をまた禁止(06/24)

シドニー感染が波及? NZ首都で規制強化(06/24)

ANA、シドニー週5便を10月31日まで継続(06/24)

政府、技能ビザの優先職種を41種類に拡大(06/24)

〔政治スポットライト〕ロビー活動の元閣僚増、規制厳格化必要か(06/24)

豪人10人に1人が百万長者、資産価値上昇で(06/24)

〔ポッサムのつぶやき〕住宅ローン、豪人の5人に1人がウソ申請(06/24)

NSW、都市計画で急上昇の土地売却に増税(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン