• 印刷する

現代自とハンファ、EV電池の再利用で協力

韓国の現代自動車グループは5月31日、太陽電池大手のハンファQセルズと再生可能エネルギー分野で業務提携を結んだと発表した。現代自の電気自動車(EV)用リチウムイオンバッテリーを再利用したエネルギー貯蔵装置(ESS)を共同開発する。エコ対策と同時に、製造コストの削減による普及拡大を狙う。

EVバッテリーは通常、500回ほど充電を繰り返すと性能が新製品の7~8割程度に落ちる。このため、1回の充電当たりの走行距離は自動車メーカーが保証する基準を満たせなくなるが、ESS向けなら十分に利用可能という。現代自は「ハンファとの協力を通じて、再生可能エネルギーの普及に寄与したい」とした。

ブルームバーグニューエネルギーファイナンスによると、2040年のESSの世界市場は、17年比で126倍の379ギガワット時(GWh)に拡大する見込みだという。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者511人、4日ぶり500人超(15:26)

大韓航空社長「アシアナ買収、円滑に推進」(17:28)

テイクオフ:創業者の死後、「王子の…(12/02)

【月次リポート】自動車ニュース(11月) 中国、25年に新エネ車20%目標に(12/02)

輸出2カ月ぶりプラス成長 ハイテク好調、コロナで腰折れも(12/02)

コロナ感染者、3日連続で400人台(12/02)

アシアナ買収に青信号、KCGIの主張棄却(12/02)

ホーチミン鉄道5号線、韓国コンサル選定へ(12/02)

KALリムジン事業、国内ファンドに売却へ(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン