• 印刷する

テイクオフ:外出自粛ムードが少しず…

外出自粛ムードが少しずつ和らいできたので、週末に香港島・中環(セントラル)にある旧セントラル警察署建築群「大館」へ行ってきた。歴史とアートのハブとして生まれ変わったこの施設は、もともと香港の古い警察署であり、美しいれんが壁の建物はずっと眺めていても飽きない。

香港警察や懲罰・更生の歴史を紹介したコーナーはとても興味深く、中国語と英語が併記され勉強しやすい。飲食店やお土産屋さんも入っていて、平日には観光客だけでなく周辺のオフィスに通勤する人々も利用するだろう。

訪れた日には1980年代の映画を無料で上映するイベントが開かれ、私も含めて地元の人々が気軽に集まって観賞していた。誰でも自分なりの楽しみを見つけられる、それこそが文化遺産を保護し、活用していく意義だろう。(伊)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今から23年前の昨日は…(07/02)

香港で国家安全維持法施行 厳戒の返還記念日、逮捕者数百人(07/02)

「二制度」の根幹揺らぐ、香港安全法の条文(07/02)

米が香港制裁を本格化、輸出優遇を凍結(07/02)

国安法、グレーゾーンは幅広い=倉田教授(07/02)

香港株は反発、影響図りかねる金融市場(07/02)

香港民主派の処罰示唆、中国=国安法で摘発も(07/02)

EU、香港国安法に懸念(07/02)

大湾区で「理財通」試行、時期は後日決定(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン