南部の火力発電所、シンガポール系が調査

ラオス政府は5月27日、南部セコン県ダクチュン郡での火力発電所の建設について、シンガポールのエボリューション・パワー・インベストメント・コーポレーション(EPIC)と地場建設会社KMXの合弁会社が事業化調査を行うことで合意した。ラオス・タイムズ(電子版)などが29…

関連国・地域: ラオスシンガポール
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

北部県で洪水被害、労働省が緊急支援(07/16)

両替事業の新規制、観光業のみ営業許可(07/15)

北東部州、ラオスとの国境ゲート設置検討(07/15)

東方航空の日本便増を認可、東京―西安(07/15)

コロナがCLMV貿易に影 対タイ、5月は輸出入とも2桁減(07/14)

中部サイソムブン、観光開発で地場社と合意(07/14)

越ラオス、空路の早期再開へ協議進む(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン