• 印刷する

《日系進出》トイエイト、知育事業で資金調達

東南アジアを中心に子どもの才能を分析し個別最適化した知育教材を届けるサブスクリプションサービスを展開するトイエイトホールディングス(東京都品川区)は5月29日、ベンチャーキャピタル2社から資金調達を完了したと発表した。調達資金を元にマレーシアで事業を開始する。

製品開発が本格化する前の「プレシードラウンド」で資金を調達した。トイエイトの石橋正樹最高経営責任者(CEO)によると、調達額は数千万円規模。

トイエイトホールディングスは今年5月に設立。今回調達した資金を元に「多重知能理論」に基づいて人工知能(AI)が子どもの才能を分析し、それぞれに最適化された知育キットが毎月届く「TOY8 BOX(トイエイトボックス)」や、ショッピングモール内で知育に特化した遊び場「TOY8(トイエイト)」といった事業をマレーシアで開始する計画だ。

トイエイトは2016年、マレーシアでトイボックス・オブ・ジャパンとしてプロジェクトを発足。クアラルンプール(KL)の商業施設で、大日本印刷(DNP)などと子ども向けの体験型知育イベントを実施し、18年にはマレーシア現地法人、トイボックス・クリエーションズ・アンド・テクノロジーを設立した。

石橋CEOによると、今後KL市内の商業施設「ザ・ガーデンズ」で開業予定の「トイエイト」でもDNPからコンテンツ提供を受ける。

同社は、マレーシアを中心とする東南アジアでは、教育熱の高まりから民間教育市場に伸びしろがあるとみている。また、新型コロナウイルスの流行による休校を受け、家庭で親が子どもの才能に目を向ける機会も増えた。子どもの特性に合わせた教育のニーズが高まる中、オンライン・オフラインでの教育サービスの機会を探るという。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アフターコロナの「新常…(07/16)

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ禍続く(07/16)

隣国往来再開に日系は関心薄 現時点では利点見えず(07/16)

給与補助金の受給企業公表へ、不正防止策で(07/16)

RM1=25.1円、$1=4.26RM(15日)(07/16)

ス州イオンビッグを一時差し押さえ、係争で(07/16)

MRT1号線の脆弱性指摘、日系も納入(07/16)

空港利用者、7月1~9日は6月末比2倍(07/16)

ホンダ四輪、シャアラムに新3Sセンター(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン