葛洲ハ、インドネシアの水力発電受注

湖北省武漢市に本拠を置くインフラ企業、中国葛洲ハ集団(ハ=つちへんに覇)は28日、インドネシアのIDHEIから、同国北カリマンタン州マリナウ県に水力発電所を建設する事業を受注したと発表した。契約額は暫定で16億4,500万米ドル(約1,773億5,000万円)。 葛洲ハがEPC(…

関連国・地域: 中国-湖北インドネシア
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

FADO、新興国輸入を支援 越境ECの実態と規制強化(下)(10/29)

テイクオフ:世界的ファストフードの…(10/29)

「専利」出願が3期連続減少 コロナで海外法人の低迷続く(10/29)

交通投資、貨物輸送が回復 1~9月、旅客輸送は遅れ(10/29)

鴻海が中保投資と合弁、私募ファンド組成(10/29)

MG、プラグインハイブリッドSUVを発売(10/29)

「双十一」の宅配量、1日4.9億件と予測(10/29)

エコカー強化方針、35年までに「電動化」(10/29)

年明けの豚肉供給、前年比3割増に(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン