• 印刷する

台湾銀行業、香港での資産管理業務を縮小へ

香港で「国家安全法」の制定に反対する抗議活動が激しさを増す中、香港に拠点を置く台湾の銀行が資産管理業務や個人向け金融業務の縮小に動き出している。香港の国際金融センターとしての地位に影響が出れば、「新南向政策」(東南アジアやインドなどとの関係を重視する政策)対象国に業務の重点を移す可能性もあるという。28日付経済日報などが伝えた。

台湾銀行業の香港拠点は、香港当局が資産管理業務の本人確認手続きを厳格化していることを受けて、これまでに政府系銀行を中心に同業務を大幅に縮小。現在はデモの激化や米国政府による中国への制裁発動の懸念もあり、多くの銀行が資産管理業務と個人向け金融業務の縮小に着手しているという。

■預金残高が減少

香港の混乱を背景に、政府系銀行8行の香港拠点の預金残高が大幅に減少している。2019年末時点の預金残高は108億米ドル(約1兆1,650億円)となり、前年末に比べて約7億米ドル減った。

台湾銀行業の香港拠点のうち、政府系銀行は約5割を占めることから、香港拠点全体では、少なくとも500億台湾元(約1,793億4,600万円)の資金が流出したとみられている。

台湾に上場する台湾金融持ち株15社のうち、国票金融控股(ウォーターランド・フィナンシャル・ホールディングス)を除く全てが香港に支店などの拠点を持つ。


関連国・地域: 香港台湾
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

居留証所有者、訪台前のPCR検査不要に(07/03)

新型コロナ感染者、449人に(07/03)

新車販売が復調の4万台超え、前月比2割増(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

富智康、無線充電の米ベンチャーに出資へ(07/03)

研華、メキシコに合弁子会社設立(07/03)

中鋼の6月出荷量目標超え、輸出が押し上げ(07/03)

安特羅、コロナDNAワクチンを開発へ(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン