• 印刷する

テイクオフ:新型コロナの流行がレバ…

新型コロナの流行がレバラン(イスラム教の断食明け大祭)以降も続くとは思いもよらなかった。断食で功徳を積めば消えると思ったが、さにあらず。今後はデング熱や腸チフスなどの列に新型コロナが加わるのが感染症の「ニューノーマル」らしい。

流行が長くなると、虚実入り交じったさまざまな情報が世にあふれるようになる。欧米のどこかでは、素っ裸の下半身を大股開きにして太陽にさらすとウイルスが死滅するという、いかにも眉唾な「治療法」が実践されているそうだ。イワシの頭もなんとやら、か。

ただ、新型コロナに効くかどうかは別にして、太陽光は血圧を下げたり、憂うつな気分を持ち上げたりという効果があると聞く。ジャカルタは乾期が本格化し、天気の良い日が続く。まだ外を自由には出歩けないが、せめて窓のそばに立って日の光を浴びよう。もちろん服は着て。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジャカルタで大規模な社…(07/13)

日系車販売、6月は1万台超 ローン環境改善で今後の伸び期待(07/13)

ホンダ四輪、6月小売りは前月比93%増(07/13)

滞在許可に関する回状公布、法務・人権省(07/13)

バタム島に経済特区2カ所、委員会が承認(07/13)

飯田GHD、子会社増資でコンクリ生産増強(07/13)

テルコム、ブカシに大規模データセンター(07/13)

インドサット、華為などと業務デジタル化(07/13)

就労前カードの規定改正、不正は返金義務(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン