• 印刷する

VPN需要が急拡大、国家安全法制受け

中国が香港版「国家安全法」制定に動き出したことを受け、香港で仮想私設網(VPN)のソフトウエアやアプリのダウンロードが急増している。香港のインターネットユーザーの間で、中国政府による監視や検閲が強まることへの懸念が高まっていることが背景にあるという。サウスチャイナ・モーニングポスト(電子版)などが伝えた。

VPNサービス大手のNordVPNによると、21日に国家安全法制定を巡るニュースが報じられた数時間後にはサービスに関する問い合わせが急増。その件数は前日の120倍に上ったといい、同社広報責任者は「これまでで最も需要が大きく伸びたケースの一つ」と述べた。

また、調査会社によると、米アップルの「アップストア」では、22日に香港でダウンロードされた無料アプリ上位5位のうち、4つをVPN関連が占めた。VPN企業が25日に発表した調査報告でも、香港でのVPNのインストール件数は21日に前日比で6倍以上に膨らんだ。

VPNは、インターネット上に仮想の専用線を設定して通信を行う技術。


関連国・地域: 香港
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

香港との隔離なし往来再開、7月に判断(06/14)

ワクチン年齢12歳に引き下げ 対象682万人に拡大、校内接種も(06/11)

新たに2人感染、域内はゼロ=計1万1874人(06/11)

壱電視のカメラマン死亡、コロナ感染(06/11)

ペニンシュラ、従業員にワクチン接種強要か(06/11)

ゲンティンのクルーズ船到着、抽選会を実施(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン