米政府が相次ぎ支援、新型コロナ拡大予防

米国政府が、ラオスでの新型コロナウイルス感染症対策の支援を相次ぎ実施している。3月に200万米ドル(約2億2,000万円)、今月に入り317万米ドルに相当する物資などを送ると発表したのに続き、このほど医療用の設備や器具をラオス側に提供した。地元各紙が伝えた。 米国国際開発…

関連国・地域: ラオス米国
関連業種: 医療・医薬品政治


その他記事

すべての文頭を開く

コロナがCLMV貿易に影 対タイ、5月は輸出入とも2桁減(07/14)

中部サイソムブン、観光開発で地場社と合意(07/14)

越ラオス、空路の早期再開へ協議進む(07/14)

人口の43%、インターネット利用=調査会社(07/13)

協働組合の設立に関する首相令、草案完成(07/10)

イオン、実習生ら支援に2500万円を寄付(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン