• 印刷する

NTTベトナム、ハノイ駐在員事務所を閉所

エヌ・ティ・ティ・ベトナム(NTTベトナム、東京都新宿区)は25日、ベトナム事業の再編成に伴い、ハノイ駐在員事務所を今月末をもって閉所すると発表した。合弁会社OCGテクノロジー社との事業強化などを図る。

ベトナム事業は、インフラサービス事業をビンズオン支店が、オンラインサービス事業をOCG社が引き継ぐという。

同駐在員事務所の開所は1996年。ベトナム郵電公社(現VNPT)と事業協力契約(BCC)を結び(97~2014年)、ハノイで24万回線の電気通信網の建設・保守を手掛けてきた。15年6月にNTT東日本の100%子会社となり、16年1月にVNPT子会社のVMG社とOCG社を設立した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

コロナがCLMV貿易に影 対タイ、5月は輸出入とも2桁減(07/14)

Thacoが輸出拡大、タイに起亜80台輸出(07/14)

トヨタ1~6月の販売、32%減の2.6万台(07/14)

南北高速道の事業者選定、新たな基準追加へ(07/14)

港湾貨物取扱量、1~6月は7%の伸び(07/14)

ホーチミン市の交通インフラ、実行率は16%(07/14)

農水産物の競争力向上、物流コスト削減が鍵(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン