太陽光設備の導入、今年は3割減の予測

インド国内で2020年に設置される太陽光発電設備の総容量は500万キロワット(kW)にとどまる見通しだ。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、19年実績の734万6,000kWから32%の減少となる。PTI通信が20日に伝えた。 クリーンエネルギー関連のコンサルティングを手掛ける米…

関連国・地域: インド
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アフリカを襲った「サバ…(05/28)

消毒サービスに参入続々 日系も開始、トンネル型が人気(05/28)

オラが蘭電動二輪を買収、世界市場参入へ(05/28)

二輪ロイヤル、個別大量生産に注力(05/28)

電動二輪アザー、シェアサービス企業と提携(05/28)

シュコダ、SUV「カロック」を発売(05/28)

現代自動車、22日間で5600台を納車(05/28)

タタ自、社債発行で100億ルピー調達(05/28)

自動車業界向けの新規制、一部の導入を延期(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン