主要産業の電気料金引き下げ、6月から

カンボジア政府は20日、6月から5カ月にわたり、製造業など4業種の企業を対象に電気料金を実質的に引き下げると発表した。新型コロナウイルスが経営に与える影響などを緩和する狙いだ。プノンペン・ポスト(電子版)が20日に伝えた。 鉱業・エネルギー省は19日付の省令に基づき…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 繊維農林・水産電力・ガス・水道サービス観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者2人、計124人に(05/25)

JC航空、7月からチェンマイ直行便を運航(05/25)

米国、新型コロナ対策で750万ドル追加支援(05/25)

失業労働者への補償金、今週から支給開始(05/25)

主要産業の電気料金引き下げ、6月から(05/22)

6月末まで運休継続へ、ANAの成田路線(05/22)

貸付期間を4年から7年に延長、SME銀行(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン