• 印刷する

バンプー、医療従事者向けに無償EVシェア

バンプーネクストは医療従事者向けに電気自動車(EV)の無償シェアリングサービスを提供する計画だ(同社提供)

バンプーネクストは医療従事者向けに電気自動車(EV)の無償シェアリングサービスを提供する計画だ(同社提供)

タイの石炭開発会社バンプー傘下の再生可能エネルギー開発会社バンプーネクストは18日、カーシェアリングサービスのホープカー(Haupcar)と共同で、医療従事者向けに電気自動車(EV)の無償シェアリングサービス「バンプーネクストEVカーシェアリング・フォー・カーリング」を提供する計画を発表した。新型コロナウイルス感染症が流行する中、医療従事者に安全な移動手段を提供する。

サービスは、新型コロナウイルス感染症の治療を行う病院の医師、看護師を対象に提供する。期間は病院1カ所につき3カ月。

シェアリングには、バンプーが資本参加している日系EVベンチャーのFOMM(川崎市)がタイで生産する小型EV50台を使用。配車には、ホープカーの携帯電話アプリを使用し、1週間、1カ月ベースで予約を受け付ける。車両の清掃、消毒のサービスも提供する。

第1弾として、タイ赤十字チュラロンコン病院の医師、看護師を対象に実施する。パヤタイ病院とパオロ病院のグループの病院や、ナワミン9病院などでも行う計画だ。


関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

救援機で帰還のミャンマー人、2千人余りに(13:27)

テイクオフ:世の中には社交的な人も…(05/25)

4月車販売、65%減の3万台 内需回復には政府支援が不可欠に(05/25)

JC航空、7月からチェンマイ直行便を運航(05/25)

2020年4月のタイの新車販売台数(表)(05/25)

物品税半減を要請、市場刺激策で=FTI(05/25)

インド二輪ロイヤル、販売店の増設加速(05/25)

非常事態宣言、6月末まで再延長見通し(05/25)

2日ぶり感染者ゼロ、回復率96%に(24日)(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン