• 印刷する

運輸省、航空会社の発着・駐機料1年猶予

フィリピンのトゥガデ運輸相は20日、空港の発着料と駐機料の支払いを1年間猶予することを決めたと明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大による国内航空各社への影響を緩和する。21日付トリビューンが伝えた。

フィリピン民間航空庁(CAAP)の3月のデータによると、延滞料金は国内航空各社の合計で1カ月当たり5,800万ペソ(約1億2,358万円)。支払いは厳格な制限措置の解除から最大1年間猶予される。このほか、各空港当局が空港内のテナントの賃料支払いも猶予している。

航空業界団体の航空運送協会(ACAP)は先に、マニラ首都圏での制限措置の緩和後、すぐに運航を再開するには1カ月当たり86億ペソの支援が必要との見方を示していた。


関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オフィス周辺の昼時はカ…(10/01)

造船業界、受注減で苦境に 世界5位も、120社生き残り競争(10/01)

通常運航の船舶6割どまり、制限措置で(10/01)

コロナ感染新たに2426人、計31万1694人(10/01)

首都圏、夜間外出の制限解除へ協議(10/01)

MRT3号線、運行速度40キロに引き上げ(10/01)

下院議長交代が決定、大統領介入で(10/01)

車部品業界、韓国とのFTA締結に警戒感(10/01)

高速道NLEX、工事加速へ1500人雇用(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン