豪、水素中心に産業育成方針 エネルギー投資30カ年計画発表

オーストラリア連邦政府のテイラー・エネルギー相は21日までに、今後30年にわたるエネルギー技術の投資政策「テクノロジー・インベストメント・ロードマップ」を公開した。二酸化炭素(CO2)排出の削減目標を維持しながら、年末までに優先投資対象を絞り込むとしており、10月に…

関連国・地域: 韓国オーストラリア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

豪州、年内に英・EUとのFTA締結が目標(16:58)

〔ポッサムのつぶやき〕豪「今年の人」、性暴力被害者の活動家に(16:58)

NZ準備銀、他国中央銀に先駆け利上げ開始か(16:58)

【日本の税務】健康保険の療養費申請について(01/26)

テイクオフ:日本への帰省は当面諦め…(01/25)

住商と日揮、豪で新水素事業 QLD州で再生可エネ利用(01/25)

JAL、2月前半はシドニー便週2往復運航(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン