島津製作所、中期経営計画でコロナを重要課題に

【共同】島津製作所は20日、2022年度までの3カ年の中期経営計画を発表した。新型コロナウイルスをはじめとした感染症対策を重要課題と位置付け、ウイルス検査や治療薬の開発支援に取り組む方針を盛り込んだ。約530億円を投じ、感染症分野を含めた研究開発を加速させる。 島津は新…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機医療・医薬品IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

工作機械輸出、6月は34%減 主力が不振、見通しを下方修正(07/10)

トヨタがカローラSUV発売 世界初、月間1400台の販売目指す(07/10)

テイクオフ:5月末から新型コロナの…(07/10)

広州日本商工会がチャーター便 成田―広州、160人がきょう到着(07/10)

マツダ、クロスオーバーSUVで販売首位(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

豪日首脳が会談、防衛連携強化 中国を警戒、宇宙関連での協力も(07/10)

横河電機、日印ファンドへの出資で合意(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン