• 印刷する

東南アジアの訪日者、4月は過去最低400人

2020年4月に東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国から日本を訪れた旅行者は、前年同月比99.9%減の400人だったことが、日本政府観光局(JNTO)が20日に発表した統計で明らかになった。新型コロナウイルス感染症の影響で、国別の訪日者数の記録がある1975年以来、過去最低を記録。下げ幅は6カ国合計・各国ともに過去最大の水準となった。

各国政府による外出規制・出国規制のほか、3月28日以降、6カ国全ての国が日本における検疫強化、査証の無効化の対象になったことなどが響いた。各国ごとの訪日者数は、ベトナムを除く5カ国で過去最低水準となった。

シンガポールは10人未満に激減。3月半ばに活動制限令が発令されたマレーシアもわずか20人にとどまった。2月まで6カ国中で訪日者数1位を独占していたタイも30人と少なかった。

フィリピンは99.9%減の50人だった。3月半ばからロックダウン(都市封鎖)や出国禁止措置が実施されたことが押し下げ要因となった。インドネシアは99.7%減の100人だった。

ベトナムは99.6%減の200人。3月13日以降、在外公館における査証発給が制限されたことに加え、4月1日から22日まで社会隔離が実施されたことが響いた。


関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地では約2カ月に及ぶ…(05/28)

「コリビング」住宅の需要堅調 コロナ後も在宅勤務で市場拡大へ(05/28)

サービス業売上高1%下落、コロナで娯楽悪化(05/28)

通年の輸出額、最大4%減少=企業庁予測(05/28)

積立基金の負担率引き上げ、1年延期へ(05/28)

双日、医療スタートアップのテツユウに出資(05/28)

国分、卸売事業会社TCGCに7割出資(05/28)

リバネス、言語解析AIベンチャーに出資(05/28)

韓国ITセキュリティー大手、医療市場参入(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン