6月2日から職場閉鎖を解除 3段階に分け、在宅勤務は継続

シンガポール政府は19日夜、新型コロナウイルスの感染対策として実施している、職場や学校を閉鎖する措置「サーキットブレーカー」を6月1日で終了すると発表した。2日から3段階に分けて経済・社会活動の制限を解除していく。まず製造、物流、金融など一部の産業で職場での勤務…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染548人、計3万1616人(24日)(05/24)

新規感染642人、計3万1068人(23日)(05/24)

新規感染614人、計3万人超に(22日)(05/23)

テナントの保護団体、政府に意見書提出(05/22)

不動産キャピタランド、ECでテナント支援(05/22)

クラウドファンド運営社、新たな資金調達(05/22)

コロナ禍でEC需要が急拡大 東南アジア、新常態で競争激化(05/22)

チャンギ空港、6月2日に乗り継ぎ規制解除(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン