• 印刷する

テイクオフ:ドゥテルテ大統領が数カ…

ドゥテルテ大統領が数カ月ぶりにダバオ市に帰省した。新型コロナウイルス対策の外出・移動制限措置により、大統領府に缶詰状態だったようだが、制限措置が一部緩和されてすぐに決断した。よほど家族との再会を待ち望んでいたのだろう。

各国が入国禁止措置に踏み切ったことで、しばらく家族に会えていない人もいるだろう。現在の状況ではフィリピンを一度出国すれば、当分の間戻ってくることはできない。滞在し続けるべきか、日本に戻るべきか。先に家族が帰国する中で、そんな選択に迫られている人も複数いた。

一昔前ならバカ高い国際電話に懐が寒くなったが、無料のチャットアプリが浸透し、動画での会話も機能の一つに組み込まれた。ただ便利になっても、実際に会って話すのとは何かが違う。情報が削られているような感覚がある。ドゥテルテ大統領が帰省を即決したのも納得がいく。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに2124人、累計5万6259人(11:22)

テイクオフ:戸棚を開いて、困った。…(07/13)

国内初のREIT上場承認 証券委がアヤラに、151億ペソ規模(07/13)

ダブルドラゴン、REIT物件選定(07/13)

コロナ感染新たに1387人、累計5万4222人(07/13)

通信IPS、現法に2億円増資(07/13)

民放最大手の免許申請否決、下院委(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン