• 印刷する

サンミゲル、スカイウエー延伸工事再開

フィリピンの財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)は15日、高架道路「スカイウエー」第3期(全長18.3キロ)の延伸工事を再開した。新型コロナウイルス対策のための厳格な外出・移動制限により2カ月間中断していた。

ラモン・アン社長は、今年12月の完工予定からの遅れを少しでも短縮するため最善を尽くすと説明。一方、下請けのEEIグループから派遣できる作業員の人数が少ないことから、新たな完工予定日は示さなかった。

政府の新型コロナ対策本部は、停滞した経済を徐々に再始動させるため、政府の大規模インフラ事業の再開を許可した。ただ中断前と同水準での活動は認めていない。サンミゲルも感染防止に向けた作業員への衛生管理の確保を最優先する。現場付近に作業員用の宿泊所も用意する。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

通信IPS、現法に2億円増資(07/10)

コロナ感染新たに1233人、累計5万2914人(07/10)

マニラ空港拡張が白紙に 政府と財閥連合、事業費巡り対立(07/10)

コロナ感染新たに1395人、累計5万1754人(07/10)

国営病院、新型コロナ患者の病床が逼迫(07/10)

現金給付巡る違法行為、地方自治体で多発(07/10)

Gキャッシュによる納税倍増、1~6月(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン