現地語ラベルの義務化、コロナで徹底困難

ミャンマーで4月1日から始まった消費者向け商品へのミャンマー語でのラベル表示義務化で商業省消費者問題局は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で徹底が困難との見方を示した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が14日伝えた。 同局のザヤー・スエ副局長は、「新型コロナの影…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

縫製労働者の救済で協力 H&Mなど、工場・労組と合意(05/25)

帰国者2人が感染、累計201人=24日午前(05/25)

JC航空、7月からチェンマイ直行便を運航(05/25)

燃油需要が回復傾向、コロナ規制緩和で(05/25)

改憲の国民投票は延期、重要内容ないと判断(05/25)

証取と証券各社はマネロン対策強化を=当局(05/25)

第2の都市マンダレー、一部市場が再開(05/25)

西部のナンター島、ラムサール湿地に登録(05/25)

携帯大手、自宅で撮るサッカー動画の大会(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン