• 印刷する

テイクオフ:40歳過ぎの世代には死…

40歳過ぎの世代には死活問題かもしれない。当局からの命令により、民放最大手ABS―CBNは放送を停止したが、同社のテレビドラマやバラエティ番組には根強いファンが多い。近所の知人は「インターネットで動画もいいけど、やっぱりテレビを見ちゃうな」と話す。

ネットフリックスやユーチューブにはまる若年層には、あまり関係のない話かもしれないが、この問題は波紋を広げている。教育界や経済界などから数十の団体が、通信当局の決定に反対の声明を出した。議会も巻き込み、法廷闘争に発展している。

娯楽が少ない地域ではテレビが重宝される。新型コロナウイルスで自宅待機を余儀なくされている今の時期はなおさらだろう。午後や夜に「おなじみ」の番組を見ないと、1日が終わった気にならない人もいる。通信当局はこうした現実を忘れるべきではない。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

低リスク国、1日から観光目的の入国容認(11/26)

アフリカ6カ国の入国禁止、変異株対策(18:08)

新型コロナ、新たに863人感染(11/26)

新型コロナ、新たに899人感染(17:43)

コロナ前水準、1~3月期に 経済開発庁長官、感染対策と両立(11/26)

経済開発庁長官、「環境投資に優遇措置も」(11/26)

新型コロナ、新たに975人感染(11/26)

イケア1号店開業、入場制限で行列(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン