【ASEAN・インド労働リポート】第21回 2020年1~3月期

■シンガポール ◇新型コロナで慎重姿勢、オンライン面接が主流に 例年通り、12月の賞与支給を経て1月後半から転職市場が活発化した。ただ3月以降は新型コロナウイルスの影響で、多くの企業が採用活動に慎重になっている。 日系企業については、以前に引き続き1~2月は人事…

関連国・地域: タイベトナムシンガポールインドネシアインド
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東京五輪の熱戦が繰り広…(08/04)

8社目のユニコーン誕生、暗号資産管理企業(08/04)

グラブの売上高、1~3月期は過去最高(08/04)

三井住友海上、中古車販売カーロへ出資(08/04)

信用調査のCBA、ベトナムに進出(08/04)

7月製造業PMI、2年半ぶり高水準(08/04)

不法就労でビザ剝奪、年平均160件(08/04)

シンガポール社、地場の油田採掘業者買収(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン