• 印刷する

テイクオフ:北部ウッタルプラデシュ…

北部ウッタルプラデシュ(UP)州に帰郷する出稼ぎ労働者の写真に胸が痛んだ。やせた体で、毛布やずた袋を担いでいる。UP州政府はハリヤナ州だけで、約1万人を帰省させるためのバスを手配したそうだ。

13億の人口のうち8億人が貧困層。政府がまず先にと打ち出した対策は、産業支援ではなく貧困層へのコメ・小麦の配給だった。「芸術は不可欠」と、アーティストに助成金を出すドイツとの差にまた切なくなる。もちろん、どちらかを否定するつもりもないし、芸術はお金がなければ享受できないものでもない。

封鎖開始後、近所のスーパーの近くでは、食べ物をねだる子どもの数が増えていた。そして、彼らの荷物も増えていた。中には、戦利品が入っているであろう大きなずた袋を背負った子も。ビスケットを持った女の子は、レンズ越しに笑顔を見せてくれた。優しい国だと、心から思った。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドで失業問題が深刻…(07/08)

国境問題、先行きは中国次第 チノイ前駐日大使に聞く両国関係(07/08)

【月次リポート】自動車ニュース(6月) トヨタ、中国でFCV普及へ(07/08)

エアアジアの1Q決算、赤字は前期比2.1倍(07/08)

印中衝突で経済に影、日系の材料輸入支障も(07/08)

スポーツ用品各社、中国以外での生産検討(07/08)

中国企業、アプリ禁止で逸失収入1億米ドル(07/08)

LGスマホ、過去2カ月で販売台数10倍に(07/08)

HPのインド第2工場、8月稼働へ(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン