• 印刷する

IC設計の譜瑞科技、米同業を買収

台湾IC設計の譜瑞科技(パレード・テクノロジーズ)は23日、同業の米フレスコ・ロジックを買収すると発表した。買収額は3,750万米ドル(約40億3,700万円)。6月までの取引完了を目指す。鉅亨網などが伝えた。

譜瑞科技は「フレスコ・ロジックが身売りを検討する中、製品の相互補完が期待できるとみて買収を決めた」と説明。2021年には両社が共同開発した製品を発表する予定だ。

譜瑞科技は今回の買収により、米アップルが21年以降、ノートパソコン「マックブック」への採用を計画している次世代USB規格「USB4.0」での商機獲得を狙うとみられている。

フレスコ・ロジックは米オレゴン州のビーバートンに本拠を置き、USBコンローラICを手掛ける。19年の売上高は約800万ドルで、純損益は赤字だった。ASIC(カスタムIC)設計とシリコンIP(知的財産権)ビジネスを手掛ける智原科技(ファラデー・テクノロジー)の完全子会社、智宏投資がフレスコの株式約22.6%を持つ。


関連国・地域: 台湾米国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、286人増加(06/11)

鴻海、半導体シルテラに間接出資(06/11)

新型コロナの域内感染、250人増加(06/12)

政府にコロナ検査拡充を提言 急死相次ぎ、自宅での検査も検討(06/11)

台湾系工場、1100人出社停止 製靴大手、南部でも影響拡大(06/11)

鴻海、コロナの社内検査を開始(06/11)

壱電視のカメラマン死亡、コロナ感染(06/11)

新型コロナの域内感染、263人増加(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン