• 印刷する

《安全》ヤンゴン夜間外出禁止令、2カ月後まで

ミャンマー最大都市を管轄するヤンゴン管区政府は23日、全45郡区に出されている夜間外出禁止令の期限を2カ月後までに定めると発表した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が23日伝えた。

管区政府は18日、新型コロナウイルス感染症の拡大と犯罪の増加を防止する目的で、午後10時~午前4時の夜間外出禁止令を発出。期限は明言していなかったが、今回の声明で、発令した23日から2カ月後まで続けると明記した。夜間外出禁止令の違反者には、法的措置がとられる。

ヤンゴン管区政府は現在、レストランの営業は、テークアウト(持ち帰り)以外、認可していない。感染者の多い7郡区では、日中も必需品の購入、医療、仕事や医療目的以外での外出を禁止している。

アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は23日、自身のフェイスブックで、自身がトップを務める、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制・治療に関する中央委員会からの命令の期限を、4月30日から5月15日に延長すると明らかにした。

これまでに出された各種の命令は、実際には各省庁や州・管区政府から出されており、スー・チー氏が具体的にどの命令を5月15日まで延長するとしたのかは、不明確だ。関連当局が近く、規制に関する詳細を発表する見通しになっている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

5月インフレが4%台に低下 食品価格が前月割れ(07/10)

19年インフレ率、企業4割の昇給率上回る(07/10)

韓国のNH農協銀、ヤンゴンに駐在員事務所(07/10)

国営鉄鋼所の再稼働、タイなど5社が名乗り(07/10)

スー・チー氏、ILOバーチャル会議で講演(07/10)

新たな感染者2人確認、累計318人=9日朝(07/10)

マンダレーのマハムニパゴダ、再開準備整う(07/10)

農産品輸出は30億ドル超、6月までに2割増(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン