【生保、マイナス成長脱却】本年度ようやくゼロ成長へ:生保、マイナス材料出尽くし

世界の生命保険大手が、最も有望な市場と熱い視線を送るインド市場。しかし、政府の規制を主因にアジア唯一のマイナス成長に3年連続で陥るかどうかの瀬戸際にある。本年度(2013年4月~14年3月)は業界の構造転換の最終年と目されており、地場企業に資本参加している日系各社は…

関連国・地域: 中国香港台湾インド日本米国
関連業種: 金融サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地の2千ルピー(約3…(02/27)

車両ビジネスに新業態 新興各社、リースから融資仲介へ(02/27)

フォード、SUV「エンデバー」の新型発売(02/27)

配車市場は369億米ドル、年平均13%拡大へ(02/27)

コルカタ港運営会社、保有地のリースを計画(02/27)

スパイスジェット、エビ専用の貨物便を運航(02/27)

ムンバイ―プネの高速道、IRBが運営継続(02/27)

ブルースターが南部に新工場、21年に稼働(02/27)

交通拠点の小売販売、30年に216億ドル規模(02/27)

1月の外国人旅行者2.5%増、肺炎の影響まだ(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン