【生保、マイナス成長脱却】本年度ようやくゼロ成長へ:生保、マイナス材料出尽くし

世界の生命保険大手が、最も有望な市場と熱い視線を送るインド市場。しかし、政府の規制を主因にアジア唯一のマイナス成長に3年連続で陥るかどうかの瀬戸際にある。本年度(2013年4月~14年3月)は業界の構造転換の最終年と目されており、地場企業に資本参加している日系各社は…

関連国・地域: 中国香港台湾インド日本米国
関連業種: 金融サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:英国の巨匠クリストファ…(11/26)

度重なる中国系アプリの禁止 新たに43種、中国政府が反発(11/26)

12月活動制限、国際線停止など継続=内務省(11/26)

自動車向け製造振興策、厳しい条件導入か(11/26)

政府のEV構想、必要な投資は3.5兆ルピー(11/26)

中古車売買カーズ24、ユニコーンの仲間入り(11/26)

AP州政府、農作物の流通インフラ整備計画(11/26)

不動産エンバシー、サービス住宅市場に参入(11/26)

世界の高級住宅価格上昇率、デリーは27位(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン